スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「隠蔽捜査2 果断」を読みました

今野敏氏が書いた警察小説、「隠蔽捜査2 果断」を読みました。

竜崎警視が主人公なのですが、彼は「隠蔽捜査」の最後で大学受験中の息子が覚せい剤をやっていた連帯責任で警察庁のエリート幹部から警察署の署長に降格になっています。

その竜崎警視が所轄で発生した事件をトップダウンで部下を率いて解決していく、というストーリーなのですが、その途中でまた警視庁内部のドロドロした人事関係にも巻き込まれる、という読者からしてみると警視庁ってこんなところなのか、と誤解してしまいそうです。

ただ、竜崎警視の生き方には物凄く憧れます。
自分が正しい、と思うことはたとえ上のほうからなんと言われようと曲げない、というその信念は私自身にも欲しくなります。

推理小説と痛快な人情味あふれる小説を同時に読んでみたい、という人は一読の価値があるのではないでしょうか。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へにほんブログ村 読書日記
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへにほんブログ村 横浜ベイスターズ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 隠蔽捜査 今野敏 警察 果断

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

えせプログラマー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2検索ボックス
Amazonおまかせリンク
Amazonベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。