スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「メタボラ 」を読みました

桐野夏生さんが書いた「メタボラ」を読みました。

桐野夏生さんが書いた本は今まで読んだことがなかったのですが、ふっと読んでみたくなり手に取ったのが「メタボラ」でした。
理由は、沖縄が舞台ということで、沖縄に最近興味を持ち始めた身として関心があったためです。

記憶を失った青年と、自分の生い立ちを偽っている青年の出会い、そして別れ、再会までの二人の生活の様子、そして再会までの様子が長編で書かれており、だんだん引き込まれて行きました。

沖縄の方言もところどころに出てきて、沖縄っぽい雰囲気は醸し出されています。

桐野夏生さんの本はまだメタボラしか読んだことがないので、今後他の本も読んでみたいと思わせる内容でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 桐野夏生

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

搾取される若者の描写が秀逸:メタボラ

メタボラ作者: 桐野 夏生出版社/メーカー: 朝日新聞社発売日: 2007/05/08メディア: 単行本 8月18日号のAERAでは、「沖縄こもり」の記事があるが、本書はまさに沖縄を舞台に、様々な搾取される若者を桐野夏生独特の生々しさで描いている。 衝撃無しには読むことの出来な?...
プロフィール

えせプログラマー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2検索ボックス
Amazonおまかせリンク
Amazonベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。