スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾氏が書いた「さまよう刃」を読みました。

東野圭吾氏が書いた「さまよう刃」を読みました。

少年2人に最愛の娘を暴行され、そして殺されてしまった父親が犯人に対して復讐していく展開です。

最近頻発している、少年犯罪を思い浮かべながら読んでいくと現在の少年法に対して疑問点がいろいろわいてきます。
この小説では、父親は犯人が少年法で守られるのが許せず、復讐に走ります。
果たして、この父親の行動は正しいのか?
それとも、更生するはずだから、遺族は我慢しなければならないのか?
などなど、この小説を読み終えるまでにいろいろ考えるのではないでしょうか。

この小説では、少年一人に対しては復讐を(偶然)完了しますが、もう一人はそれを知って逃走します。
逃げる少年、それを追いかける父親、そして警察、それ以外の人々…
結末は納得できる人、できない人とまちまちではないでしょうか。

私は小説的な終わり方だと思いました。



にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ
にほんブログ村 読書日記
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 東野圭吾 警察

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

えせプログラマー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2検索ボックス
Amazonおまかせリンク
Amazonベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。