スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾氏が書いた「名探偵の掟」を読みました。

東野圭吾氏が書いた「名探偵の掟」を読みました。

この小説は、登場人物が小説の世界と現実(?)の世界を自由に行ったり来たりしており、新鮮でした。
また、推理小説の作者と読者それぞれの立場から見た感想などを登場人物がぼやきつつも進めており、軽快なタッチです。

内容としては様々な犯罪の舞台を取り上げた短編集となっており、短時間でも読書の区切りがやりやすくなっています。

個人的には列車を使った(はずの)アリバイが舞台となっている章が一番笑えました。
推理小説のようで推理小説ではない小説を読んでみたいと思っている方にはお勧めです。



にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ
にほんブログ村 読書日記
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 東野圭吾

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

えせプログラマー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2検索ボックス
Amazonおまかせリンク
Amazonベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。