FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾氏が書いた「名探偵の呪縛」を読みました。

東野圭吾氏が書いた「名探偵の呪縛」を読みました。

この小説は、「名探偵の掟」の続編とも言えるもので、主人公は天下一氏となっています。
しかし、その実体はとある推理小説の作家であり、図書館に行った時によくわからぬまま別世界に引きずり込まれてしまう、
という展開になっています。

メインのストーリーも何が何だかよくわからないまま展開していくので、しっかりした推理物を求める方には不向きです。
軽い推理小説もの、または単純に小説を軽く読みたい、という人にはいいかもしれません。

正直、私にとっては微妙な出来でした。



にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ
にほんブログ村 読書日記
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 東野圭吾

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

えせプログラマー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2検索ボックス
Amazonおまかせリンク
Amazonベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。