スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五十嵐貴久氏が書いた「交渉人 遠野麻衣子・最後の事件」を読みました。

五十嵐貴久氏が書いた「交渉人 遠野麻衣子・最後の事件」を読みました。

この小説は、犯人と交渉を行うのが仕事である「交渉人」が主人公となっています。
調べてみると前作があるようなのですが、私は前作は読んでいません。

ですが、前作は読んでいなくても、読む分には困りませんでした。
具体的な人間関係を知りたい場合は前作は必読かもしれませんが…。

小説の内容は、宗教団体の教祖様を釈放してほしいがためにテロを仕掛けて警察を脅迫するテロリストと、それに対する警察及び交渉人との戦いになっています。
テレビで見る交渉人は電話を用いてやり取りすることが多いですが、この小説では電話はほとんど使われていませんでした。
では何が使われたのかというと、メールなんですね。

メールのため、肉声で交渉が出来ず、辛い思いをする遠野警部、また、極悪非道な犯人をなかなか追いつめられない捜査本部。
やっと犯人を特定したと思ったら、謎の人物に自殺のように殺されてしまい…というはらはらする展開で読みごたえはあります。

最終的には遠野警部の推理と、その推理に賛成した2名の先輩警部の力添えによって真犯人が特定でき、逮捕に至ります。

その後、遠野警部は辞表を出すのですが、それを止め、そして辞表を破棄してしまう先輩警部の心境を表す部分は少しじーんと来ました。

最後の事件、というタイトルになっていますが、また続編が出たら読んでみたいと思わせる出来です。



にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ
にほんブログ村 読書日記
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 警察 推理

COMMENTS

No title

はじめまして。こんばんは。
TBありがとうございました。
TBしようと何回か試みたのですが、何故だかうまくいきません。
すみません。
五十嵐さんのこの作品はとても映像的だと思いました。
私は面白かったんですが、まわりには不評だったんですよね(笑)
ではまた。

No title

naruさん、コメントをどうもありがとうございます。
不評だった人もいたんですか。なんででしょうね。
宗教絡みというのがちょっと一線をひいてしまったんでしょうか。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

五十嵐貴久『交渉人遠野麻衣子・最後の事件』

ジェットコースターばりの展開です♪
プロフィール

えせプログラマー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2検索ボックス
Amazonおまかせリンク
Amazonベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。