スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾氏が書いた「宿命」を読みました。

東野圭吾氏が書いた「宿命」を読みました。

この小説は以前にテレビドラマ化されたこともあるようですが、私は全く知りませんでした。

ストーリーとしては、とある殺人事件を追う刑事と、その刑事の前に現れる医者の間にとある関係があった、
ということで、殺人事件の謎ときと、二人の関係が同時進行で明らかになっていきます。

殺人事件の犯人そのものはなるほど、と思う結果でしたが、もう一つの結末までは予想できませんでした。
こういう宿命があったのか…、と読み終えてしみじみと余韻を味わってしまいました。



にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ
にほんブログ村 読書日記
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 東野圭吾 推理

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

-

管理人の承認後に表示されます
プロフィール

えせプログラマー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2検索ボックス
Amazonおまかせリンク
Amazonベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。