スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾氏が書いた「変身」を読みました。

東野圭吾氏が書いた「変身」を読みました。

脳移植を受けた青年が少しずつ性格が変わっていってしまい、最後には大変なことになってしまいます。
読んでいてハラハラさせられてしまいました。
そんな彼を最後まで支え続けた彼女は凄くやさしい人ではないでしょうか。

読み終えた後に検索してみたら、映画化もされていたのですね。
ちょっと見てみたくなりました。

現実問題として、脳の一部を損傷してしまった人に対して脳移植、というのはありえないと思います。
私個人としては御免こうむりたいです。
しかし、小説のテーマとしては非常に面白い内容でした。



にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ
にほんブログ村 読書日記
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 東野圭吾

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

「変身」東野圭吾

変身東野 圭吾 (1994/06)講談社 この商品の詳細を見る ある日、成瀬純一は不動産屋で強盗に銃で頭を撃たれた。目がさめるとそこは病院。自分が...

-

管理人の承認後に表示されます
プロフィール

えせプログラマー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2検索ボックス
Amazonおまかせリンク
Amazonベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。