スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海堂尊氏が書いた「チーム・バチスタの栄光」を読みました。

海堂尊氏が書いた「チーム・バチスタの栄光」を読みました。

とある大学病院が舞台で、病院で行われている「バチスタ手術」中に連続して手術中に患者さんが死んでしまう、という事態を解決していくストーリーになっています。

警察でも名探偵でもない人が調査するタイプのミステリー小説は読んだことがなかったのですが、手術の描写や、手術に関わるメンバー、大学の教授などの人間関係がわかりやすく書かれており、一度読み始めるとなかなかやめられませんでした。
第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞しただけあって、なかなかの読みごたえです。

特に、犯人がわかったときはえっ、この人が?!とびっくりさせられました。
それと同時に、この犯人は手術の背景をうまく逆手にとっており、うむむ、とも感じました。
動機はよくないことですが、こういう展開も斬新なもので面白かったです。

探偵役?の厚生労働省の役人である白鳥氏がまたいいキャラクターで、彼が主人公の小説を読んでみたいと思わされました。
次回作があれば、「氷姫」も登場させてほしいと思います。



にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ
にほんブログ村 読書日記
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

タグ : チーム・バチスタの栄光 海堂尊

COMMENTS

No title

おはようございます。
五十嵐貴久さんの「誘拐」でTBをいただいたmintと申します。
「誘拐」の記事にコメント&TBをしたのですが、
うまく反映されないようなので、こちらにコメントしてみました。

「チーム・バチスタの栄光」はおもしろくて一気に読んだ記憶があります。
映画では田口を竹内結子さんが演じていて意外でした。
まぁ、映画は観ていないんですが(笑)。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

えせプログラマー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2検索ボックス
Amazonおまかせリンク
Amazonベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。